ジャンク品査定とは?

カメラの買取サービスで壊れたカメラを買い取りしてもらう場合、ジャンク品査定という方法で買取価格を査定されることになります。このジャンク品査定とは、壊れたカメラをカメラ本体を査定するのではなく、その中の部品をジャンク品として査定し、買取をするというものです。ジャンク品査定の場合、もちろんカメラ本体を査定した価格に比べて買取価格は非常に安くなってしまいます。これはカメラ自体の価格ではなく、壊れたカメラの中で使える部品だけを買い取りするためです。

カメラカメラの買取価格はそのまま使えるからこそ高いものになりますから、その中の部品だけを買い取る形になるジャンク品査定はどうしても使える部品だけの価格となってしまい、カメラ本体の査定価格に比べて低くなってしまいます。例えばカメラ本体の買取価格が1万円程度だったとしても、ジャンク品査定の場合は1000円程度になってしまう事もあるので、あまり高値での買取は望めないという事に注意しなくてはいけません。ジャンク品査定は壊れたカメラでも買い取って貰えるものですが、そのぶん買取価格そのものは低くなるという事を知っておきましょう。

ジャンク品査定は壊れたカメラであってもカメラの買取サービスをしてもらえますが、どうしても買取価格は低くなります。しかしただ捨てるのではなく、多少でもお金になりますから捨てるのがもったいない、という方は一度ジャンク品査定をしてもらって買取可能かどうかを確かめてみてはどうでしょうか。